ウーマン

CRMシステムを導入する利点│営業の活性化を目指す

自社の対応力強化に最適

通話

規模に応じて使い分け可能

横浜は電話代行の依頼を行いやすいエリアとなっています。横浜は人口が370万人を超え、事業所の数も10万箇所を超えるなど人口、事業所共に全国有数の数を誇ります。その為、電話代行を行う業者の数も多いので自社が求める契約方法や毎月の費用、サービス内容から選ぶ事が出来るのです。その様な横浜近郊で電話代行業者を選ぶ際には、業者が豊富というエリア特有の優位性を活かして、しっかりと選定を行なっていきましょう。そもそも、電話代行とはどの様なサービスかというと自身の携帯電話あるいは会社の電話に掛かってくる電話を業者に転送して対応をしてもらうサービスです。中には電話番号そのものを貸し出してくれる業者もあるので、この点は必要に応じて使い分けるのが良いでしょう。転送も番号ごとの貸し出しも、基本的には掛かって来た電話に応答して、伝言を受けるだけというのがサービス内容となっています。しかしながら、業者によってはもう一歩踏み込んだ形でQ&Aに応えたり、受注対応を行なったりする業者もあるので、必要に応じてカスタマイズしていく事も可能です。また、毎月の料金に関してもコール数と対応内容によって、細かくプランを設定している業者が大半となっています。安い業者であれば月あたり数千円で利用が行えるので経費に限りのある企業でも十分に利用が出来ると言えるでしょう。なお、細かなオプションを追加していっても月1万円から2万円程度で利用する事が出来るので、電話番を直接雇用するよりは経済的であると言えます。横浜の様に業者の数が充実しているエリアは最初の手間は掛かりますが、しっかりと業者の特徴をチェックして行きましょう。