ウーマン

CRMシステムを導入する利点│営業の活性化を目指す

電話件数で発生する料金

電話

必要に応じた依頼内容

電話代行という言葉はインターネットで検索すると非常に多くの業者が検索結果に出てきます。電話代行とはその名の通り、電話業務を一括して委託することができるため、企業にとっては業務を外部へアウトソースすることが可能となっています。特に通信販売や、顧客から電話で受注を受ける企業の場合、顧客からの電話による問い合わせの数が非常に多くなり、自社のスタッフでは対応ができないケースもあるでしょう。このような場合、プロの電話オペレーターによる対応をアウトソースすることで、自社スタッフの業務を増やすことなく電話による問い合わせ対応が可能となるでしょう。東京でビジネスを展開する企業であっても、東京以外の場所で電話代行を依頼することができます。東京以外に拠点を持つ電話代行業者の場合、コスト面からも低く抑えることができ、自社にかかってきた電話をその業者へ転送することで、顧客対応をアウトソースできます。そんな電話代行業者を利用する場合、1ヵ月どの程度顧客からの電話を受けることがあるのかと言う平均的なデータを準備しておくと良いでしょう。そうすることである程度入電件数が分かるため、見積もりもより詳細な金額で受け取ることができます。東京以外の電話代行へアウトソースする場合、この見積もりの金額を比較することで、よりコストを抑えながら安い代行業者を見つけることができるでしょう。今後さらに電話の件数が増加すると見込まれている場合、今のうちから電話代行業者の利用を検討しておくことをお勧めします。